2008 / 12
≪ 2008 / 11   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2009 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


♪おーそーじ、おーそーじ♪

家の中の、おーそーじ♪

みっちゃんの脳も、おーそーじ♪

みっちゃんのパソコン、おーそーじ♪

みっちゃんのブログ、おーそーじ♪

人間関係、おーそーじー♪

みっちゃんの体重、おーそーじ♪

いつ、どこまでやんねん!?




スポンサーサイト

なにわのみっちゃんですよー。

生まれも育ちも”なにわ”っ子(ほんまかいな!?)みっちゃんにとってはお笑い、べたねた、だーい好きハート

もちのろんろん♪、みたでー\(◎o◎)/!

やっぱ、なにわっ子みっちゃんにとって、大阪発祥の芸人が優勝してほしかったです。
実際は、実現できてよかったんだけど。。。

みっちゃんの率直な感想。

ダイアン・・・・・硬すぎて、ぜんぜんつかみどころなかった。

U字工事・・・・・地域ネタ、出しすぎ!

ザ・パンチ・・・・読んで字のごとく、パンチがでません。

モンスターエンジン・・・・もともと、トリオでしてたらしく、コントで評判よかったらしかったらしい(全然知らんかった)せいか、漫才はムリがあったかな?と。

キングコング・・・・・去年のM-1で、次々とネタの展開が速いのがよかっただけに、発揮できなかったのは惜しかった。

笑い飯・・・・毎年、決勝でてるのに何で優勝せーへんの?と思ってしまう。挙句の果てには、M-1さえ出ずにおわってしまうんちゃう!?と気になる。
しかし、みっちゃん的には、まだるいので好きではないです。

オードリー・・・・敗者復活戦で出た。テレビにはちょくちょく出てはいるが、「なんで、でてんの?」とおもった。内容もつかみどころわからなかった。敗者復活戦には、知られてる面々(オリラジ・髭男爵・千鳥・南海キャンディーズなど)もいた。

ナイツ・・・・最初、江戸のお笑いって見たとき、気取って、上品な裏に媚びてる笑いって、非常に嫌いやった。しかし、調べれば調べるほど、みっちゃんのベタネタ魂のツボにハマっちゃいました(^^♪ブログをみると、ベタネタのオンパレードやったもん!
だって、yahoo!のこと「ヤホー!」やし、草剛のこと「草刈正雄」なんていっちゃってるあたり、ツボ!にはいっちゃいましたもん。
それに、”ボケ”の方?の名前に「塙」ってでてるの、ほんまにはなわの弟なん?」って、思ったところ、正真正銘だったのにはびっくりしました。
やっぱ、似てますね。

NON SYYLE・・・・やっぱ、ネタが次々テンポアップするのって、漫才の王道ですわ。みてて安心するもん!それに、大阪で結構テレビにでてたんです。
知名度ある人が実績持って、優勝するという展開は一番安心します。
いきなり、優勝するっていう展開はやっぱ嫌いです。いとも簡単にできる!?っていう感じだったから。
不器用でしかできないみっちゃんとっては、憎たらしいです。

正直、大阪発祥の芸人が優勝するのって、一番安心します。

今頃、テレビによーさんでてるやろなー!?と。






クリスマスの時期、カップルがうじゃうじゃ、曲がバンバン。

みっちゃんは、クリスマスといえば、

苦しみます

ってなるぐらい憂鬱(T_T)

どうせ、ただ、みっちゃんは

生きてます

よーだ!



2週間がたちましたが、ようやくあとがきを綴ることができるようになりました。

実は、atac開催中よりも、終わった後の方かなりパニっくてました。
元々は、文を綴るのが苦手だったのが、行った以上はまとめなければならないという呪縛にかなり菜なれました。最初のうちは勢いよくつづってましたが、途中で中休みし、あとがきまでを綴るのは、atacから2週間でした。つまり、余韻がかなり続いてたわけです。
引きずっていったってわけですわ。

環境を考えるというテーマ、エコ・リサイクル関連をテーマにしてると思ってたのですが、

「障害者・高齢者が生きていくためのバックアップ作りを考える」

というテーマだったと考えます。

みっちゃん自身にとってみると。。。。






▼続きを読む▼


★「リビングライブラリー」

atac2008の目玉の一つとして、「リビングライブラリー」といういわば「生き本」というものが行なわれました。

リビングライブラリーといえば、「居間の図書館」

と思ってました。

デンマークで障害者・ホームレス・性同一性障害などの「社会的接点の薄い人」人たちが、
「生きた本」と銘打って、話しかけることによって、偏見をなくしていく、そして、暴力もなくなっていく、という主旨ではじめられたものなんです。

アジアでは京都のatacではじめての企画だそうです。

実は、みっちゃんも「生き本」化の話は出てたんです。
しかし、30分の制限時間でまとめなければならない、ということであり、みっちゃんの場合は、話すのに膨大な量になって、通訳が必要となってきて、「生き本」というのは困難だということで断念しました。

今回の「生き本」さんは、
トランスジェンダー(性的越境者?)
ホームレス
人形作家
視覚障害者
肢体障害者
高次脳機能障害者
知的障害者
そして、アスペルガー症候群・・・関東からのお仲間のむーんらいずさん(以下、むんさん)


です。

atacをまともに参加できなくて、本を借りようとしたが、予約はいっぱいでした。
せめて、ブログに綴らないと参加した意味がなくなるので、なんとか、「人形作家」さんの本を借りることができました。

▼続きを読む▼


★「障害者プロレス」

ドタバタ話はひとまず休止するとして、紹介してみようと思ってます。長い間、お待たせしました(^_^;)

最初、「障害者プロレス」と出てたとき、正直言って、

ホーキング青山がプロレスするんだ!

と、思ってました。

atacにチャンピオンの鶴園さんが来はりました。
鶴園さんは、脊髄だったかな?破裂のために、下半身麻痺で、上半身の筋力だけでプロレスするのです。

私が見たときの試合風景として、病気で入院して、退院された病み上がりの人が対戦されてはりました。

で、鶴園さんは、下半身麻痺だったもんで、相手の人の足元をひもでぐるぐる巻きで固定されて、試合したのです。
障害の程度によって、体の一部の動きを制限するルールがなされてるとのことなんです。

「障害者者がプロレスするなんて、障害を誇示してるんか!?」

なんていうツッコミが出るかもしれません。

でも、当の本人たちはガチンコで真剣勝負なんですね。

まだ私の中では、正直、つかめないところがでてるんです。

でも、障害者プロレスは、東京の一角しかされてないんです。

全国に広がればなんて思ってしまいます。

今のところ、全国に広げる予定はないとのこと。

※障害者プロレスのドックレッグスのホームページをあげておきます。
http://homepage3.nifty.com/doglegs/

ちなみに下記の写真は鶴園さんです。
鶴園さん







★「なにわみち、講演デビューする」


話しベタやのに、話したがりのみっちゃんが、中邑先生の依頼でとうとう発表することになっちゃいました♪
当事者の人でも結構話される人っていてはるんです。
人前に出ることで「初めて人間としてみとめられるチャンスや!」と思ったのです。

かといって、直前前までには
「正直何もない常態で言っちゃってもいいのかな?」
「ドジれへんやろか?」

と正直おもってしまいました。

だって、知的障害と診断されても問題ないほどの言語能力のなさが露呈されるんだから。。。

しょこたんや、おバカキャラの上地雄輔のようにアクセスアップに結びついてないのが証拠なんだもん。

結果は、案の定、支離滅裂でした。しかし、そんなライブでもよかったらしいかった。

▼続きを読む▼


★「イケメンパニクリ発生」

今回の2008atacはセッションを吸い取りに来たはずだったのにタッフーと話にきたもんでした。「何しにきてんねんや!?」

写真も全然撮れてなかったし。。。






▼続きを読む▼


★「何でしってんのー!?」

実は、みっちゃんの正体を出すのはこっぱずかしいので、ブログネームである「なにわみち」で登録してもらいました。

ところが、実際参加してみると、私のことをブログの裏側?まで知っちゃってる人にばったり出くわしまって、逆にバツが悪かったのです。

「かくしてみてもすぐはれる」

で、みっちゃんのテンションがガタくずれ!

ガタくずれのテンションが3日の間、尾をひいてました。
講演会であったことのある人が結構来られてて、うれしびっくり

さらに、さらに。。。。

▼続きを読む▼


昨年に引き続いて、2回目の参戦!です。

2008年は、参加費を払って参加するのではなく、東大先端研(バリアフリー班)の中邑先生からの連絡による参加でした。
思いがけなく、話したがりなのに話ベタのみっちゃんが発表するはめになってしまったのです。
レジメが常に未完成なのに、ほんまにいいの!?と。

で、直前の風邪で早起きで京都にたどり着くの難儀したわ。

スルットkansaiカードを落として駅に引き返すわ、途中で下痢ピーするわで、ほんまに大変やった(^_^;)

長くなりそうなので、話を分けて綴ろう!っと。




読んで字のごとくです。

実は、金曜日から3連続京都へ行くことになった。

行ったり来たりがめんどっちーので、安いところ(ネットカフェ)でもさがそうと思った。
しかし、計算してみると、3日間の自宅の往復の方が安いことがわかり、しかも、自宅なんて寝る場所の心配のない空間ですから。。。

電車は主に、おけいはん。

ところが、土壇場で風邪こじらしてしまったんですわ(>_<)

3日間の養生でなんとか間に合ったんはいいが、頭痛いわ、体痛いわ寝られへん。

あまりのしんどさに、一時はインフルエンザちゃうん!?

とまで、思った。インフルエンザの予防注射はすでに済んでるのに、インフルエンザなるなんて。。。

しかし、結果はインフルエンザはなくて、ようやく間に合った。

あしたは、髪の毛きれいにしてもらうぞ!

▼続きを読む▼


みっちゃん

Author:みっちゃん
猪突猛進型、ミーハー自閉。感覚鈍い系。

医者や支援者、当事者仲間に、お墨付き?の「存在自体が自閉症」と言われるものの、「ほんまかいな?」と約10年前に診断されたとはいえ、未だに自問自答。
今の症状「わからないことがわからない」という支援者泣かせです。これじゃ相談してもらいたいのにもらわれへんという厄介なタイプです(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。