2009 / 03
≪ 2009 / 02   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2009 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嵐の宿題くんという番組で、「よだれが出るほどの肉を食べたい」というお題が出て、

肉の塊ステーキボン!

っていうぐらいのローストビーフが出てました。20万相当でした。

実際は1枚に切り分けられるが、1万円と高いです。

嵐やゲストの米倉涼子さんが食べたのだが、「肉食ってます」っていう食感らしく、よだれでまくるのは無理もないなと思いました。

みっちゃんも、お肉がめっちゃ好きおいしい
毎日、お肉がないと食べた満足できないって思うほど。典型的?な肉食女子です。

肉を食べるときに、肉の量をたくさん食べないと、

「食べた」

感覚がないのです。肉の切れ端だけだと、食べたことにならない。

同じ様に、五感が鈍いので、字が大きく、くっきりと・大音量・においが強いとはっきりと”塊”として表示しないと認識にできないのです。典型的な自閉の特性と真逆です。

容積で認知しちゃうんです。

もし、ダイエットで量を減らす場合なんかは、

入れる器の大きさも同時に縮小しないと、満腹感は認識できない

器の大きさはあまり関係なくいられるらしいのですが。

※まあ、文章だけではうまくつづれない。
図をブログで説明しようとおもったが、うまく貼れなく、断念しました。




スポンサーサイト

画面のコントラストが強すぎて、大声が耳が痛いなどと、強調しすぎるのが苦痛な発達障害者が多く出てるこのごろ。

しかし、診断がでてるみっちゃんにとってみると、全くの真逆。

画面の色が薄くてぼやけたり、音が篭ったり(重低音)など、あるかないかはっきり表示しないのがイライラして苦痛。

みっちゃん、生きてます!

とアピールしないと生きた心地はしない。

目立ちたがり自閉って、絶対おらんで!


とある人(あえて省略)とスカイプで交信したときのこと。

見えすぎちゃってなんで困るの!?という記事の内容がわかりにくいとのこと。
(どうせ、みっちゃんは国語力のないおばかですよー)

その人曰く、「見えすぎてこまるほど、画面が良く見えてすばらしい」

という宣伝文句だったと。

みっちゃんの綴った主旨は、
「見えることが困るという言葉が何で発生するの!?」

見えるに限らず、聞こえてる、感じてる、匂える、感じられるの五感っていうやつ?を持つだけでいいやん!と思う。ぶっちゃけると、贅沢な悩みだと。

持つだけで十分なのに、過剰なんてありえへんし。

みっちゃんの思考は、

あるなしかだけやもん!(表現が下手)

で、コマーシャル好きのみっちゃんにとって、耳にこびりついたフレーズだけを捕らえて、中身を見抜かないで綴ったわけです。

前後の文脈を認知できるなんて、エスパーです。






▼続きを読む▼




なんでやねん!?

見えただけでええのんちゃう!?


▼続きを読む▼


リンク集を作成しようとしてるが、リンクしたい内容があまりにも膨大になりすぎて、パンクしてしまうので、放置してました。

しかし、放置するわけにはいかないので、wikiなるもので整理してみました。

リンク集だけでなく、紹介したい本や講演内容なども表示します。

今のところ作成中なので、報告まで。

なお、表示したいネタがあれば、連絡して頂ければ幸いです。

「はかる」と言葉がいっぱいありすぎてわからない。

「はかる」にも漢字がいっぱいある。

しかし、共通してるのはただ一つ。

人とのコミュニケーションの判断や認知の方法

だと。

大きく分けて

図る(工夫)
計る(計算)
測る(長さ)
量る(量)
諮る(相談)
謀る(だます)


の6つを駆使してる。

しかし、みっちゃんの場合、はかると言えば、

「量る」なんですわ。量でしか判断できないということ。

やっぱ、判断力のなさって、知能の問題なので、知的障害がないということに合点がいかない。

綴ってる本人ですら謎がのこる。

「はかる」ことが「わかる」ことにつながっちゃうんだ。





「なんでブログしてんねん!」っていうツッコミが来そう。

気がついたことがある。

みっちゃんは知りたがりの割には、実は記録が嫌いだったと

文字を出すとぽつぽつしか出なく、できの悪い人と露呈されるのいやだったかも。

見栄っ張りです。





みっちゃん

Author:みっちゃん
猪突猛進型、ミーハー自閉。感覚鈍い系。

医者や支援者、当事者仲間に、お墨付き?の「存在自体が自閉症」と言われるものの、「ほんまかいな?」と約10年前に診断されたとはいえ、未だに自問自答。
今の症状「わからないことがわからない」という支援者泣かせです。これじゃ相談してもらいたいのにもらわれへんという厄介なタイプです(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。