2017 / 05
≪ 2017 / 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画のタイトルです。

とある掲示板サイトをみたときに、「彼女の名はサビーヌ」というあるフランスの女優(サンドリーヌ・ボネール)の自閉症の妹のドキュメンタリー映画があるとでてまして、今のところ、東京でしか見れないのが非常に残念でした。
※大阪でも上映が決定しました!キャンペーンがてら、とりあえず、東京での上映開始日まであげます。


予告編をもとに大雑把にかいつまんでみる。




▼続きを読む▼


【発達障害者手帳】
動画と映画のリンク、拝見いたしました。
ありがとうございます。

身体障害者手帳、療育手帳(愛の手帳、緑の手帳)、精神障害者保健福祉手帳が存在するのに、「発達障害者手帳」が無いのは変な話ですね。
それに、仮にそのような手帳制度が今後成立したとしても、みっちゃんさんがお持ちのような悩み、苦しみを理解してくださる施設支援員や医師が世の中に果たして何人存在するかも疑問です。。。

私はそれ以前に、精神障害者のかたに十羽一からげに薬物療法を用いることに既に疑問を感じています。

製薬会社のマーケティングが脳機能学に介入してしまってるような気がしてならないのです。(><)

またご意見お聞かせください。
【精神領域とは独立してほしいです】
コメントありがとうございます。
サイトを見ただけでじっくり見れてないのが残念なんです。
最近、精神科の領域だけでは無理だとさとり、病院へは言ってないのです。病院からの「卒業」っていう形です。
発達支援センターとの面談なる「福祉的支援」を模索してるところです。
【サビーヌさんと同世代】
実は、サビーヌさんと同世代だし、入院経験もあるみっちゃんにとっては自分とリンクしちゃってるところあります。しかし、幼少時から美人でピアノの才能がある面なんてぜんぜんあてはまってないが。。。

4ヶ月間の入院だったが、やっぱ、締め付けられたらそりゃ変わるやろ!?と。
入院・薬なんて私からみれば「息の根を止めさせられる」だけにしか思えないですもの。(薬で効果でれば越したことはないですが)

関西に上陸したときに、見なければとおもいつつ、フラッシュバックにさいなまれて見るのやめといた方がいいではと思ってます。

とにかく、ありのままの自閉症者を表示してるだけでも紹介する価値はあると思ってます。
【そうですね。】
「ありのままの自閉症者」を世間に広めるという点ではこのような映画、また書物は意義あるものだと私も思います。

私個人的には「精神」とか「心」という日本語そのものに違和感を感じます。
ちなみに英英辞典で調べると「マインド」とか「スピリット」は
「脳の機能」と第一定義に挙げられています。
非常に科学的ですよね。

日本の国語辞典で「精神」を調べると「心」と定義されているし、
「心」を調べると「精神」と定義されています。
辞書の意味ないやろーって思ってしまいます(苦笑)。
【参考までです。】
今回のみっちゃんさんの日記とは直接関係ありませんが、今日のヤフーニュースに「『テトリス』がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を和らげる」という記事が載っていたので紹介します。何でもフラッシュバックの緩和剤にもなるとか・・・です。ご参考までに。

『テトリス』がPTSDを和らげる-英国の研究結果
1月11日2時34分配信 インサイド


『テトリス』がPTSD(心的外傷後ストレス障害)の影響を減らすのに役立つとする研究結果が報告されました。

BBCはオックスフォード大学の実験結果として報じるところによると、実験は40名のボランティアに対し精神的外傷(トラウマ)となるようなイメージを見せた後、『テトリス』をプレイする20名と何もしない20名に分けるという形で行われたとのこと。

トラウマの記憶が甦るフラッシュバックについて調べたところ、『テトリス』をプレイした20名はフラッシュバックが少なかったとのことです。

Emily Holmes博士はフラッシュバックの影響を弱める方法を見つけるためにこの実験を行いました。『テトリス』が脳のリソースを使用することでフラッシュバックが弱められるというのがHolmes博士の仮説。この結果は一般的なコンピューターゲームの効用を示すものではなく、PTSDの人に『テトリス』をプレイするよう勧めるものではないとしながらも、「脳がどのようにはたらきフラッシュバックの記憶を生み出すか理解することは非常に重要である」とコメントしています。

何かに熱中することで心痛を忘れたという経験は誰にでもあると思いますが、心の薬としての効果が科学的に立証されるのであれば、苦しむ方々への何よりの朗報となるのではないでしょうか。

最終更新:1月11日2時34分
【みっちゃんさんのキャンペーンのおかげで】
映画を観ることが出来ました
ありがとうございました

私も遅ればせながらキャンペーンしますね♪
【りんごさん】
見ていただいてありがとうございます。

とはいっても、まだ見てないのです。
気合をいれて見なければと思ってます。
見たら冷静にアップが目標です。
この記事へコメントする














みっちゃん

Author:みっちゃん
猪突猛進型、ミーハー自閉。感覚鈍い系。

医者や支援者、当事者仲間に、お墨付き?の「存在自体が自閉症」と言われるものの、「ほんまかいな?」と約10年前に診断されたとはいえ、未だに自問自答。
今の症状「わからないことがわからない」という支援者泣かせです。これじゃ相談してもらいたいのにもらわれへんという厄介なタイプです(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。