2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みっちゃんは、極度のおバカで不器用。療育手帳を交付されないのが不思議。

「ブログ綴ってるもんがおバカなはずはない」と突っ込まれる場合と、
文章の語彙や誤字脱字が、ところどころでて「何がいいたいの?」と突っ込まれる場合ががある。

文章だけでなく、行動にも表れる。

学校時代、親や先生の言うことを素直にしたがう(言葉をかえせば言いなりになる)、つまり、

いい子すれば幸せになると思ってました。

しかし、いい子すれば逆にいじめられるのです。いじめ返せるほどの知力が体力が著しくないもんで、にっちもさっちもいかなくなってしまって、先生に告げる(チクる)と、さらに倍のいじめが待ってるです。

いじめっ子って、先生の言うことをろくに聞かない状態にもかかわらず、要領いいもんだから、先生のウケがよかったりするんですね。

就労しても、学生時代の延長で続くんですわ。

時間通りに出勤するのは当然ですが、実際は9時始まりの場合、事実上

15分前の8時45分から出勤!

なんですものね(^^ゞ

ならば、8時45分必着、9時から開始

っていうのを細かく提示すればいいのになんて思ってしまう。

提示するのは、ずるいのでしょうか?

早く出社しようがしまいが、結局一緒なんですもん。
だから、ぎりぎりが一番得だと思う。
早すぎて、会社が始まるまで手持無沙汰なのがかなん。お金でないし。

要領よくやるのが結局得なんですもん。

素直に聞くを字義どおり認識すること
なんておもってしまうから、逆に損する。

なんで怒られるの?

ってなる。

まじめが損ばかりが非常にくやしい。

不真面目そうに見える人ほど、逆に生きてる。
ほんまに不公平だ!









スポンサーサイト


【補足】
コメント・トラックバック作成できました♪
【要領よくやる人】
>早すぎて、会社が始まるまで手持無沙汰なのがかなん。お金でないし。

要領よくやる人は、というより本当にまじめな人は、
早く出社してデスクの上や周り、部署の掃除などを積極的にしていますし、
そういうことをきちんとできる人が「仕事のできる人」という印象をもたれたりします。

手持ち無沙汰なんじゃなくて、やることを見つけようとしてないだけに見えちゃうよね・・・
だから時間ぎりぎりに行ったり遅刻する人は評価がいつも低く見られがち。

何でも見た目の損得勘定でやってると、ほんまの損をします。
商売人でも、損をしているようで結局回り回って得をする、だから人より先に働け、といいますよ。

子ども時代、学生時代、要領よく見えた人も、そのままズルいことをし続けているタイプは
結局うまく社会に適応できてないです。
嫌われたり、避けられたりすることも多いし、評価も下がってますよ。
大人になるとズルはばれるってことですね。

固定した「真面目」はないんです。歳相応、立場相応で何が真面目になるのか、変わってきます。
その辺が多分 みっちゃんだけでなく、発達障害者の難しい点なんでしょうね。

私の場合は、場合ごとに対応を学んで覚えることで、何とかしてます。
PCのソフトのような使い方なわけです。用途ごとに違うソフト使うでしょ?

失敗したらどうしたら良かったのか調べて(人に相談することもある)、
それを覚えることで「偏った考え方に支配されない」ようにしないと、
世の中と自分との矛盾でしんどくなるんだと思います。
【みっちゃんの場合】
逆に、場面ごとに変えることってどうやってできるのか?と器用でならないです。

それよりも、使うソフトに応じて選ぶことすら難儀しちゃう。
【療育手帳】
今日の夕刊を読んだのですが与野党とも数年後に道州制の導入を目指しているようですね。

道州制では都道府県が合併されます。
みっちゃんが住んでる所と発達障害で療育手帳が交付される県が合併した場合、交付の可能性が出てるかもしれないと思うんですですがどうでしょう。
でも逆に交付されてる県が交付されなくなる可能性もありますね。(^^;;
【それよりも】
障害者の制度自体も根本的に変える必要がありますわ。

全国統一みたいにね。

ちなみに、療育手帳は自治体にゆだねられるです。

それと、発達障害の場合は、医学の領域や福祉の領域や教育の領域がばらばらになってることが難儀してる原因かもと。
この記事へコメントする














みっちゃん

Author:みっちゃん
猪突猛進型、ミーハー自閉。感覚鈍い系。

医者や支援者、当事者仲間に、お墨付き?の「存在自体が自閉症」と言われるものの、「ほんまかいな?」と約10年前に診断されたとはいえ、未だに自問自答。
今の症状「わからないことがわからない」という支援者泣かせです。これじゃ相談してもらいたいのにもらわれへんという厄介なタイプです(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。