2017 / 05
≪ 2017 / 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★「障害者プロレス」

ドタバタ話はひとまず休止するとして、紹介してみようと思ってます。長い間、お待たせしました(^_^;)

最初、「障害者プロレス」と出てたとき、正直言って、

ホーキング青山がプロレスするんだ!

と、思ってました。

atacにチャンピオンの鶴園さんが来はりました。
鶴園さんは、脊髄だったかな?破裂のために、下半身麻痺で、上半身の筋力だけでプロレスするのです。

私が見たときの試合風景として、病気で入院して、退院された病み上がりの人が対戦されてはりました。

で、鶴園さんは、下半身麻痺だったもんで、相手の人の足元をひもでぐるぐる巻きで固定されて、試合したのです。
障害の程度によって、体の一部の動きを制限するルールがなされてるとのことなんです。

「障害者者がプロレスするなんて、障害を誇示してるんか!?」

なんていうツッコミが出るかもしれません。

でも、当の本人たちはガチンコで真剣勝負なんですね。

まだ私の中では、正直、つかめないところがでてるんです。

でも、障害者プロレスは、東京の一角しかされてないんです。

全国に広がればなんて思ってしまいます。

今のところ、全国に広げる予定はないとのこと。

※障害者プロレスのドックレッグスのホームページをあげておきます。
http://homepage3.nifty.com/doglegs/

ちなみに下記の写真は鶴園さんです。
鶴園さん





スポンサーサイト


この記事へコメントする














みっちゃん

Author:みっちゃん
猪突猛進型、ミーハー自閉。感覚鈍い系。

医者や支援者、当事者仲間に、お墨付き?の「存在自体が自閉症」と言われるものの、「ほんまかいな?」と約10年前に診断されたとはいえ、未だに自問自答。
今の症状「わからないことがわからない」という支援者泣かせです。これじゃ相談してもらいたいのにもらわれへんという厄介なタイプです(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。